北九州市の看護師求人に強い転職サイトは、どこ? ちょっと待って!病院に電話する前に転職サイトに確認を!

北九州市のナースセンターについての情報をまとめました!

北九州市で人気病院に転職する時には、看護師転職サイトだけでなく、ナースセンターの利用も考えておきましょう。

ナースセンターを使うことで、転職の幅が広がるかもしれません。

「ナースセンターって何?」と思うあなたのためにも、ナースセンターを使うべきかどうか悩んでいるあなたのためにも、北九州市のナースセンターの情報をまとめました。

北九州市のナースセンターとは?

北九州市のナースセンターはこちらです。

  • 北九州サテライト

ナースセンターは福岡県看護協会が福岡県知事の指定を受けて運営している看護師確保事業です。

北九州市のナースセンター(北九州サテライト)は、看護師など看護職に対して無料で職業紹介をしてくれます。

また、看護職の相談員があなたの転職や就業に関する相談に乗ってくれます。

「看護協会の無料職業紹介」というと、看護協会の会員でないと利用できないと思うかもしれません。

でも、ナースセンターの無料職業紹介サービスは会員でなくても利用することができます。

利用したからといって、会員費を払わなければいけないということはありません。

北九州市のナースセンターの詳細データ

北九州サテライト

所在地

福岡県北九州市小倉北区馬借2-1-1(北九州市立看護専門学校内)

TEL

093-383-9414

受付時間

月~金曜日 10:00~12:00、13:00~16:00

北九州サテライトは、北九州市立看護専門学校内にあります。

旦過駅から徒歩2分とアクセスしやすい立地です。

ただ、来所しての相談は火曜日か木曜日のみで、電話で予約しなければいけません。

月・水・金の来所相談は問い合わせが必要です。

ナースセンターのメリット・デメリット

北九州市内で人気病院に転職する時は、ナースセンターは使うべきでしょうか?

ナースセンターのメリット・デメリットを見ていきましょう。

ナースセンターのメリット

  • 看護協会運営で安心
  • 看護職の相談に相談できる
  • 看護師転職サイトと併用することで、転職の幅が広がる

ナースセンターの最大のメリットは看護職に転職の相談をできることです。

看護師事情に詳しいですから、あなたの悩みに共感してもらえますし、看護職の先輩としてアドバイスをしてもらえるかもしれません。

ナースセンターのデメリット

  • 求人数が少ない
  • 公開求人しかない
  • 来所相談は電話予約が必要
  • 平日の昼間しかやっていない
  • 相談員は転職サポートのプロではない

ナースセンターは、転職サイトと比べると、取り扱い求人数は少ないですし、公開求人しかありませんので、人気病院の求人に出会える可能性は高くありません。

また、相談員は看護職の資格を持っていますが、転職サポートのプロではありません。

そのため、相談には乗ってくれますが、転職活動は自力で進めていかなくてはいけません。

北九州市の看護師求人に強い転職サイト

北九州市の看護師求人に強い転職サイトを使うと、

  • 北九州市の人気病院の求人の有無を調べてくれる
  • 北九州市の非公開求人のレア求人や人気求人をたくさん紹介してくれる
  • 北九州市のランキング外の働きやすい病院・好条件の病院の求人をたくさん紹介してくれる
  • あなたの転職を全力でサポートしてくれる
  • 転職に関する悩み相談だけでもOK

参考コラム<転職サイトを使うメリットと使わない時のデメリット

  • 1位 マイナビ看護師

    マイナビ看護師

     

    北九州市の人気病院に転職するなら、マイナビ看護師がおすすめです。

    マイナビ看護師は非公開求人の数が多いんです。

    取り扱い求人の40%が非公開求人ですから、北九州市の人気病院の求人・好条件の求人をたくさん扱っています。

    4年連続認知度No.1の実績で、あなたの転職をしっかりサポートしてくれます。

    経験豊富な転職コンサルタントが、あなたの看護師としてのこれからを一緒に考えてくれますよ!

  • 2位 ナース人材バンク

    ナース人材バンク

     

    北九州市の人気病院に転職したいなら、ナース人材バンクも使うべきです。

    ナース人材バンクも非公開求人をたくさん扱っていますので、北九州市の人気病院の求人を見つけられる可能性が高いです。

    また、2003年からサービスをスタートさせた老舗で、さらに転職コンサルタントは地域専任制ですので、病院と太いパイプを持っていますから、北九州市の好条件の求人を多数扱っています。

このページのトップへ戻る